節約しよう > 節約 > 家計簿を付ける

家計簿を付ける

効果的に節約するには家計簿をつけるのがもっとも効果が期待できます。 家計簿は面倒ですが、最初は1ヶ月地道に継続していくと、家庭の経済状況がつかめるでしょう。

家計簿の付け方ですが、項目を多くしすぎずに、巧みにレシートを使用して貼り付けていくのがやりやすいでしょう。 商品名がレシートには表示されていますから、これに着目して色分けを行えば苦労することなく仕分けが完了します。

1日でいくらくらい使っているのか、1週間毎の出費、1ヶ月毎の出費など、家計簿から判断することができます。 1円単位まで細かく作ろうとすると、万が一計算が合わなくなった際に家計簿の記録そのものがいやになってしまうので単位は大きくとるようにしましょう。 1ヶ月後に家計簿を確かめると、多くの点が分かるでしょう。

どこを節約するかがわかるはずなので、最初にそこを中心に節約しましょう。 封筒を使用して1週間分のお金を分けておくと良いでしょう。 余剰額は翌週のお金に合計してしまわず、そのまま封筒に入れておき、必要になったらそこから利用するといいでしょう。

急にお金が必要になる場合には、生活費には手を出さず貯金などの他から出せるようにしておきましょう。 なるべく正確に1ヶ月で何円程度の生活費が必要になるかを知らなければならないからです。

これを月々継続していくと、毎月絶対に買わなければいけないことがわかります。
それが分かったら、安い時にそれだけ買うことで節約になるでしょう。

要るもののみに絞り込んで買い物を行うのが最も節約になりますので、安くても大量に買い置きする必要はないでしょう。

節約

最新記事