節約しよう > 節約 > 教養費を削る

教養費を削る

教養費や娯楽費などに関しては、節約時に見落としてしまうことが多いようです。 はじめに新聞代の見直しを図るなら、朝刊だけを利用するのが無難でしょう。

朝夕刊のセットで新聞契約をしている家庭だととしても、夕刊までチェックしている人が誰と誰でしょうか。 夕刊を読まないまま新聞紙入れ行きになっているという人もかなりいるようです。 朝刊だけに変えてもらうと、朝夕刊の2種類をとる場合より900円ほど節約することが叶います。

さらに節約を考えるなら、新聞をとることをやめてしまう手もあります。
新聞を熟読したい人は別ですが、勤め先でも購読契約をしているのが大多数なので読めなくなることはないのです。 また、テレビ欄を見たいならほかの手段で閲覧可能です。 この頃ではニュースを見るのもインターネットで可能ですから、新聞がなくても別に困りはしません。

家の中においてかなりのスペースを割いているものとして、洋服や書籍はありませんか。 本は、一度買うと捨てにくいもので、使わないのに本棚に置きっぱなしになってしまいます。

洋服も似たようなもので、また着られるようになるかもしれないと非常に長い期間に渡り放って置いている人が存在します。 しかし、結局は使う機会もないまま処分することになる場合が多いのではないでしょうか。

書籍は、ずっと持っておきたいものの他は売却したり誰かに譲るなどして処分することをおすすめします。 それ以降は図書館を訪れるなどして、購入する本を減らすようにして節約していくのです。 新しい本を買うときも、インターネットのAmazonなどを使って購入すると中古品でも新品でも配送料なしで手に入れられます。

中古本にも状態は良いものが多いですし、新品を買うとしても書店まで行くには交通費がかかることを考えれば安いと考えることができます。

節約

最新記事