節約しよう > 節約 > 水道代を削る

水道代を削る

水道代は2ヶ月に1回の頻度で請求されるので、あまり意識していない人が多いとされています。 とは言っても、水は日々使用するものなので、容易に節約できる類に入ります。

洗濯やお風呂に使う水の量を減少させるだけで、大きな節約効果に繋がります。 節水効果のある洗剤を用いることで、すすぎの回数を減らすことができます。 これは、すすぎの水と洗濯機の稼働時間を減らして節約になり、排水量も軽減できます。

お風呂は、浴槽に入れる水の量を減少させるのが最適の節水方法ですが、節水タイプのシャワーヘッドに付け替えるのも非常に有効です。 わずかな水であってもしっかりと水圧が体感できるタイプが存在しますし、マイナスイオンが発生するものも塩素を無くす効果のある製品もあります。

浴槽に入れたお湯を洗濯に活用する方法はよく知られていますが、そのときはホースをきれいな状態にしておくように管理しましょう。 お風呂の残り湯を吸い込むホースは、汚れた水が通っていくので不衛生なのでしっかり確かめておくようにしましょう。

米研ぎも毎日欠かさずすることに含まれますが、水を節約するなら無洗米を使うといいでしょう。 米研ぎの作業を省略できるため、わずかな水で済みます。 普通の米を研ぐ場合、そのとぎ汁をキッチンの洗剤として利用したり観葉植物などの水やりに利用することができます。

簡単に水の節約を叶えたい人は、水道の元栓に目を向けることです。 元栓を締め過ぎると、家中の水道に流れる水が少なくなるので、少し使いにくいかもしれません。 節水を継続させるためには、家事がスムーズにできるくらいに元栓を締めることがポイントです。

節約

最新記事