節約しよう > 節約 > 食費を削る

食費を削る

節約を始めるとき、多くの人が思うのが食費を削ることです。 本当に必要なものを除いたら、無駄使いをしている食費があることが明らかになります。 まずは、冷蔵庫の庫内を確認してみましょう。

全て使い切らずに腐らせてしまった食材は存在しないでしょうか。 安い物は買わなくてはいけないと思い込んで買ってしまうことはないですか。 腐らせてしまったものが見られるなら、余計な買い物をしているということです。

さらには、お菓子やドリンクを余分に購入している人もかなりいます。 買いたいと思った時には、2回に1回でもいいので本当に欲しいか考えましょう。 酒類に関しては1日の摂取量を決めておいて、冷蔵庫で冷やしてある分だけ飲み切ってしまうのはやめるべきです。

買い物時の買いすぎを防止するには、お腹いっぱいの状態で買い物に行くことと、必要最低限の金額しか財布に入れないこととなります。 お腹が減っていると余分に買い物してしまうのは経験がある方もいると思います。

それに、財布に必要以上にお金が入っていないと購入したいのにそれが叶わない状態を作ることができるのです。 より徹底して節約を目指す人の場合、自動車や自転車での買い物を控えて、歩きでも持てる分だけ購入する方法を実践しています。

週末などにまとめて購入するのは、節約になるようでそうでないことがありますので注意してください。 必要なものをまとめて買ったのに、食料が無くなりまた買い物が必要になる人は無理にまとめ買いをする必要はありません。 まとめる日数を少なくして、買い足しする回数を減らしていくように心掛けましょう。

自作可能なドレッシングや調味料などは市販の物は利用せずに作り、冷凍食品も必要なときだけ買うことで節約効果を得られます。

節約

最新記事