節約の基本

光熱費は、意識改革をすることで案外手軽に節約することができます。 原則としては、不可欠なものを除いては極力使用しないことです。 とりわけ電気は知らぬ間に使っていることが多いので、チョット意識を変えるだけで節約が可能です。 まず、滅多に使用しないのにコンセントを差し込んだままになっているものがないかチェックしましょう。

具体的には、稼働していないエアコンのコンセントの状態を見てみましょう。 エアコンはよく言われていることですが、他にも洗濯機、電子レンジ、炊飯器なども気を付けなくてはいけません。 こういったものに関しては、使う場合にコンセントに差し込むだけなので、常に待機していることはないのです。 子機用の充電器も夜は抜いても構いません。 充電は電話機にされている状態ですから、充電は常時しなくても通話は可能です。 起床後にコンセントを差し込めば、問題なく使うことができるでしょう。

暖かくなってきたら温水洗浄便座も常時運転しなくても問題ないので、必要なときにコンセントを入れるように心がけましょう。 さらに、炊飯器や電気湯沸かしポットの保温機能は使うのを極力避けるのも電気を節約できます。 湯沸しが完了したり、ご飯を炊いた後は早めにコンセントを抜くことが大切です。

お湯に関しては魔法瓶で電気を使わずに保温できますし、ご飯は電子レンジで温めればずっと保温することはないのです。 個々の取り組みは些細なことですが、コツコツ積み上げていけば相当な節約になっていきます。

止まらずに電気を使用する冷蔵庫は、節約に一番役立つ電化製品になります。 開閉回数を減らしたり、ビニールのカーテンを駆使するなど冷蔵庫内の温度が高まらないように気を遣いましょう。

水分補給のミネラルウォーターも節約できる

除湿を行うと部屋が乾燥します。過ごしやすくなるのは良いですが、乾燥のしすぎや脱水症状には注意しましょう。適度に水分補給を行ってお肌の乾燥を防ぐのも大切です。また飲料水にはミネラルウォーターなどを飲んで、栄養素を体に取り入れるのも大切です。ミネラルが豊富な水は美容にもとてもよく、お肌の艶や張りを整える効果があります。ミネラルウォーターを使うのなウォーターサーバー。節約するにはこちらのほうがお得です。http://e-water-server.jp/ranking/cost/

節約をするならクレジットカードで引き落とし

また日用品の買い物をする時もクレジットカードを使って買い物をすることも節約になります。

クレジットカードは入会キャンペーンでポイントがもらえたり、利用するたびに数パーセントのポイントが追加り、提携の店舗では割引が利いたりします。

わずかな還元でも1年2年と使い続ければ大きな金額になるので是非利用したいところです。そんなクレジットカードでおすすめなのはとにかくポイントが付くカード。こちらではクレジットカード情報が満載です。

節約

最新記事